目の下専用の美容液でおなじみのアイキララ。
なんと46秒に1個売れてるようです。

でも、そのアイキララ・・効かない!っていう噂を気にしている人もいるはず。
でもですね・・そもそもアイキララ効かないってどういった感じなのか?

調べてみるとアイキララが効かないという人にはある共通点が見えてきました。

アイキララが効かない!っていう口コミはズバリこんな感じ↓


30代女性

目の下が黒っぽいのが気になり、お値段もお手頃なアイキララを購入。使い始めて2週間、これといった変化は無し・・。

もう少し使って様子をみます。


20代女性

目の下のくぼみやクマが嫌でしょうがないのでアイキララを使ってみることにしました。使い始めて1ヶ月、くぼみはマシになった気がしますがクマにはあまり効果を期待できませんでした。


40代女性

目の下のたるみに効くときいて期待したけど、全然だめでした。


50代女性

使い始めて1週間、効果をあまり期待できません。すぐに効果を発揮してくれると期待が大きすぎたかもしれません。

私のようにすぐに効果を求める人には向いてないかも。


その他にも基本的にアイキララが効かないと言われる人の共通点として

・アイキララを購入後2~3回しか使用していない
・使ったり使わなかったりしている。毎日使わず、使用頻度はバラバラ。
・もったいないので、1日2回ではなく一回分の半量しか使っていない
・そもそも、1ヶ月も継続していない

ということがわかりました。

これに当てはまる人はちょっと注意が必要です。

なぜならアイキララの効果を実感するためには

・1日朝と晩の2回1プッシュづつ使う
・毎日継続する
・ターンオーバーの関係も考えて3ヶ月は実践してほしい

ということが望ましいからです。

また、自分の目の下の状態にもよって効果の期待は変わります。
年代にもよりますが、やはり20代と50代では効果の出かたの速さは代わってくると思います。

ターンオーバーで考えても20代は28日、50代は75日もかかりますので、いかに肌の生まれ変わりが違うかがわかります。

ちなみにターンオーバーの目安は30代は40日、40代は55日かかるといわれています。

そして、厄介なのは実はターンオーバーって一回でペロンと皮膚がきれいに生まれ変わるわけではないんですよね・・・。

肌の下の方で新しい皮膚が出来上がって上に押し上げて徐々に変わっていく感じなので、実際に皮膚に関して変わったって体感できるのはターンオーバーを2~3回経験しないとだめなのかもしれません・・。

でもそれも、目の下の黒っぽいのが薄ければ1回のターンオーバーの経験で改善されるかもしれないし、本当にお肌の状態によって違ってきます。

「じゃぁ、結局使わないと真実はわかんないじゃん・・」

なんて声が聞こえそうですが・・(汗)

でも、そこで知っておくべきアイキララを使う前に2つの注意点。

アイキララが効かないと思われるタイプの方は以下の2つに当てはまってる可能性がありますので、そこを意識するだけでも
アイキララが効くか効かないかに関わってくるはずですので少し気に留めるようにしてくださいね。

まずは自分のクマやタイプがどのような感じでどの程度のものか考えましょう。

1.クマやたるみが長年あり特にケアすることなく今に至る場合

アイキララはコラーゲンの生成を助けて皮膚ヤセを解消しクマやたるみを改善してくれますが、あまりにも深いたるみ、濃いクマにはそれ相応の時間がかかると理解しましょう。

2.毎日の生活が不摂生でストレスもよくたまる

目の下のクマやたるみができる原因にそもそも不規則な生活での睡眠不足やストレスがあります。アイキララでケアをしていても、それ以上にそのような生活が続くと効果を実感できないのも無理ないのかもしれません。

スキンケアは風邪で熱が出て、解熱剤で熱を下げるように即効性の出るものではありません。
時間とともにできてしまったクマやたるみも解消するにはある程度の時間はかかると頭に入れておくようにしましょう。

あとは、毎日欠かかさずケアすることがとても重要です。
流石に、毎日ケアしてる人と、2~3日に1回しかしていない人とでは結果が違うのは一目瞭然ですよね。

アイキララは洗顔後1プッシュを半分にわけ両目の目元に塗る。これを朝晩2回継続です。

アイキララは全額返金保証がありますので、お試しで使う人は保証期間以内はしっかりと実践するようにしてみてくださいね。

>>>アイキララを全額保証期間で試して見るにはコチラ

アイキララが効果なしと感じるクマって何?

目元の悩みで多いのはクマとかくすみとかだと思います。この悩みを根本的に解消してくれるというアイテムがアイキララです。

アイキララの愛用者の声を見てみると、メイクでごまかさなくてもクマが気にならなくなったとか、目の下のクマが薄くなった、目元が明るくなったなどの評価があります。しかし、その評価とは真逆の効果無しという声もあるのが事実です。人によってかなり効果のバラつきがあるみたいですが、それはどうしてでしょうか。

その理由は、アイキララが効果を出してくれるクマの種類が限られているからです。
クマには種類があるという事は、皆さんもご存知だと思います。
青いクマに茶色いクマ、そして黒っぽいクマ、大きく分けるとこの3つですが、それぞれできる理由が違います。

まずは青いクマですが、これは寝不足でできやすいクマです。目が疲れている場合などにもできますし、日によって濃さも異なります。
目の下の血行が悪くなることでできるクマなので、日によって濃さも異なるのです。
目元は皮膚が薄いので、皮膚が薄い分血管も目立ちます。血管が浮き出て見えているという人もいます。

では茶色のクマはどうなのかですが、茶色のクマの原因は、色素沈着です。色素沈着は、目をこする癖がある人は
注意が必要です。メイク落としの際に目元に濃いメイクをしている人も、知らず知らずのうちにこすって落としている
可能性があるので気をつけましょう。

最後に黒いクマですが、これは目の下の影が原因です。
目の下の影とはどんなものか分かりにくいかもしれませんが、影の原因は加齢によるものです。加齢で筋肉が低下することで目の下に影ができます。たるみなども関係してきます。

アイキララは、皮膚がやせてしまった部分をふっくらさせてくれる化粧品なので、クマの中でも黒いクマに効果が期待できる商品です。
では他のクマには効果が無いのかというと、配合されている成分から見れば、青クマにも多少の効果が期待できそうです。色素沈着による茶クマの場合、効果を実感しにくいでしょう。
ただ美白効果のある成分も配合されているので、継続して使うことで目元が明るい印象になることは期待できそうです。
しかし、美白成分の配合量を考えれば、市販されている目元用のクリームなどで美白成分を多く含んでいるものもありますので、そういったもののほうが効果を実感しやすいかもしれません。

どのタイプのクマであったとしても、効果を実感するまでにはある程度継続して使う必要があります。
永年蓄積されているものであれば、きれいにするのには時間がかかりますので、根気よくお手入れする必要があるでしょう。
効果を見極めるまでに3ヶ月くらいは使うのがベストです。肌の生まれ変わりは1ヶ月程度となりますが、1回目だけで肌が生まれ変わることは少なく、2回目くらいで効果を実感しやすいと言われているので、それを目安にしてみてください。
アイキララでクマの悩みを解消してください。

>>>アイキララを全額保証期間で試して見るにはコチラ